2つのサービスには根本的に異なる?

どちらを選択する方が効率的なのか

リースは、レンタルよりも使用期間が長く、中途で解約する事はできません。
その代りに製品については、複数ある種類の中から選べます。
初期費用が掛らないという点も、レンタルとは大きく異なります。
一方レンタルは、リースよりも使用期間が短いのが特徴でしょう。
数日から契約する事が可能なため、短期で使用したいという方にはメリットでしょう。
また使用しなくなれば、契約を途中で終了させることも可能ですが、製品を選ぶ事ができないため、レンタル会社におまかせになるのと、初期費用が掛かるという点については、リースにはないマイナスな点かもしれません。
このようにリースとレンタルとでは契約形態とその内容には多くの異なる点が出てきます。
それぞれのメリットとデメリット、事務所が利用する上でどちらを選択する方が効率的なのかを、前もって確認しておきましょう。

コピー機や複合機を長期間使用する場合

コピー機や複合機を長期間使用する事が決まっている際には、必然的にリース契約が選択肢に入ります。
リース契約についての一般的な期間は3年から7年です。
7年はコピー機や複合機を使用する際には、リース契約を選んだ方がお得でしょう。
印刷業務は、少なからずどんな事務所でも発生します。
最近では、スキャン機能を使用したペーパーレス化も一般的なのですが、複合機の取り入れを検討している段階で、その事務所が存続する限り複合機の必要性がなくなるという事はないでしょう。
その現場の見通しは、リース契約を選考する上でひとつの判断基準といえます。
例えば、存続が不明確な企業がリース契約を選ぶのはハイリスクかもしれません。
一方で、既に安定した経営状況を維持している企業が新たな事務所や支社を構える際には、リース契約がおすすめでしょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る