契約期間を通してリース料金を支払う

途中で解約ができない点がリースの悪い点

リース契約は途中で解約ができないという点は、リースの最も悪い点かもしれません。
コピー機の契約の際に「長期的に使う物なので途中で解約を行う事態にはならないだろう」と思っていても実際に何が起こるかわからないのです。
解約する際は、残債の支払いが発生するので、利用を続けるにしても契約を終わらせるとしても費用の支払うという事になります。
リース契約については、長期間の支払いとなるので審査が必要になります。
会社の財務状況により、審査に通らないという可能性があるため注意が必要でしょう。
リース契約については、新しい製品のみが適用されます。
一段型を古いものにして、少しでも安く契約するということはできません。
リース期間契約満了の際には、本体を購入した時よりもコストが高くなっているのが普通です。
リースの内訳については、本体価格だけではなく、金利や保険料・手数料などの費用を含むため高額になってしまいます。

契約期間を十分に考える必要がある

「いつまで使用するのか」はっきりしないまま契約してしまうと、契約期間が満了になる前にコピー機や複合機の必要性がなくなり、その後の支払いに苦しめられるという事も考えられます。
途中で解約ができないリースにおいては、契約期間を十分に考える必要があります。
契約期間満了までの支払い総額については、コピー機や複合機を購入した際と比べると高額になるという点にも注意しましょう。
リース料金に含まれている手数料の額は、リース会社により違いますが、満了までにどれ位の費用が掛かるのかをシミュレーションしておいて、お金に余裕がある際はリースではなく、コピー機や複合機の購入を検討するのも良いでしょう。
一般的なリース契約においては、契約満了後にコピー機や複合機をリース会社へ返却する必要があるでしょう。
支払い総額に関係なく、コピー機や複合機を資産として保有することはできないのです。

この記事をシェアする
TOPへ戻る